エビ油仕立てのカオ・パット・クン

タイ風エビ炒飯 カオ・パット・クンです。

カオが米、パットが炒める、クンがエビって意味らしいです。

今回は殻つきのエビの殻を使ってエビ油を抽出、香り高く仕上げてみました。

材料(1人分)

かために炊いた温かいご飯 1人分
エビ(殻つき) 100g
卵 2個
タマネギ(小) 1/4個
ニンニク 1かけ
赤パプリカ 1/8個
パクチー 適量
サラダ油 大さじ3
★ナンプラー 小さじ2
★中華調味料(ウェイパーなど) 小さじ1
★砂糖 2つまみ
★あらびき黒コショウ 少々
レモン(くし切り) 1/8個

塩、あらびき黒コショウ 各適量

作り方

1.エビは殻をむいて背わたをとり、塩コショウしておく。卵は溶いておき、タマネギとニンニクはみじん切りに、パプリカは薄切りに、パクチーはざく切りにしておく。

2.中華鍋にサラダ油を入れ、エビの殻を弱中火で炒り、香りを出す。

3.エビの香ばしい香りが強くなったら殻と油を分け、別の容器に入れておく。

4.同じ中華鍋に先ほどのエビ油を少量入れ、エビの身を炒め、別の容器に入れておく。

5.中華鍋をガンガンに熱し、残りのエビ油をすべて入れ、間髪入れずにニンニクを入れる。

6.すぐに溶き卵を入れて軽く混ぜたら、すかさずご飯を入れて混ぜる。

7.パクチーの茎の部分、タマネギ、パプリカを入れて少し炒めたら★を入れてさらに炒める。

8.エビの身を戻し入れて少し炒めたら器に盛り、レモンとパクチーの葉を添えて供する。

油の量、多めです。中華鍋は油を吸うのでこれぐらいの量で設定してますが、テフロンのフライパンの場合は少なめにしてくださいね。

5の工程からはスピード勝負になりますので、材料はすべて手元においておいてください。

火力は常に強火で! パラッとチャーハンを目指しましょう!

https://ameblo.jp/ore825/entry-12255053314.html

関連する記事

最新情報をチェックしよう!